■ 支部事業と目標

1.松戸・千葉北交流会の主催

千葉・松戸地域において,本協会が健康体操として位置づけている練功十八法の普及活動の一環として松戸・千葉北交流会を他支部と連携の上主催・実施する

 

2.練功健康指導士(リーダー)・練功普及指導員(インストラクター)資格取得の推薦

練功健康指導士及び練功普及指導員の資格試験を受けたいとする希望される場合,本部規定の条件に基づき資格試験受験の本部への推薦を行う

 

3.子どもから高齢の方まで全世代の健康づくりの拠点化

練功十八法を通じて,子どもから高齢者の方まで,地域住民全世代の健康づくりに貢献する拠点となる

 

4.情報連携のハブとしての活動

日本健康づくり協会本部,上海市練功十八法協会との連携を密に取り,練功十八法の各動作の科学化とその指導に当たる

なお,その他日本健康づくり協会が実施する講師派遣・教材販売等の各サービスについては,本部の許可に基づきその活動を実施する

 

日本健康づくり協会本部ホームページはコチラから


    永田先生の伝統医学 会報第43号より (2018/06/1発行)

   ◆練功十八法動作の特徴◆

(1)反動動作を使わない~慣性力が生じる

 練功動作は、「isokinetic(等速性運動)exercise」で、ストレッチ(伸展)を主に使っています

 

(2)最大限の動作を行う~移動範囲の最大・終局までの動作を行う。

 日頃使わない最大の動作を行う。8割や7割の余裕動作ではないことを知ることが大切です。

 

(3)歳を取らない~萎縮・退行を防ぐように動きを刺激する。

 ①ボケの予防、②認知症(疾病)予防、③高齢者ストレスの解消

 

(4)人間としての日常生活に必要な動作が含まれています

   ・馬歩姿勢 (股関節と膝関節の屈曲)

   ・身体を回す(脊柱のずれ)

   ・万歳動作 (肩関節の伸展)

   ・呼吸運動 (自律神経系の活性化)と腹式呼吸の独立性

   ・ツボ・マッサージ (癒やしとリラックス)とリンパ系の活性化

   ・歩行運動のような軽い強度の運動の連続性 


◆原点を考える◆ 感・勘・心・無

練功十八法の指導にあたり自分が基としていること)

①上海市非物質文化遺産に登録されていること。

②元明先生はお医者様。マンツーマンの空間を想像。

③永田先生「形じゃないぞ」のお言葉。

④池内先生からの笑顔のお声かけ「気持ち良くやりなさい」。

⑤お別れにあたり「練功にお礼はしきれないほどです」と書かれた生徒さんのメモ。